2007年05月11日

What's アナスイ♪

個性あるブランドとして、若い女性に絶大な人気を誇るアナスイ。
私も持っています。なんだか、皆一つは持っている感じ。
まずはWhat's アナスイ!

ミシガン州デトロイト生まれのファッションデザイナー「ANNA SUI」さんが生んだブランドで、今や、世界のトップも出るにも愛されるブランド。
日本でも人気が高いコスメやスキンケア、香水にアクセサリー、雑貨などは、それぞれが強烈な個性を持つラインナップは多くの女性を虜にしている。

ANNA SUIは彼女自身オリエンタルな雰囲気を持つ女性で、彼女のインパクトはアナスイというブランドのインパクトと等しい。
マンハッタンのグリニッチにある私立大学パーソンズ・スクール オブ デザインを卒業後、91年にショーデビュー。
92年、ニューヨークソーホーにショップをオープン。
次々と躍進を続け、97年、アジア初のショップを東京にオープン下のをかわきりに、関西圏にも進出、現在は日本全国のデパートなどにショップがあり、多くのファンから愛されてる。

彼女の作る独特な世界観はブランドのカラーとしてイメージに強い、黒や紫など強烈なカラーと、女らしい蝶やバラのモチーフに象徴される。
装飾的かつポップな70年代を思わせる小物類のデザインは、そのくどいほどの装飾にキュートさを感じさせる。
個性的な反面、女心を掴んで離さないかわいらしさをもつ「ANNA SUI」というブランドは、現代の大きな流行に流されること無く、不動の地位を確保している。

とまあ、書いてみましたが、どうでしょう。
よ〜く考えると、私の周りの人々も、何か一つはアナスイのもの持ってる。
皆持ってる。
かなりあくの強いブランドなのに、あれキラーイ!なんて人ぜんぜんいないなぁ。
私の周りの話ですが。。不思議。。
posted by 3333 at 12:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アナスイのフレグランス♪

香水の人気も高いアナスイは、女性の心をグット掴むボトルデザインが、まず目を引き、それぞれの個性的な香りにも定評があり、愛好者がも多い。


■アナスイ
やはりアナスイの香水といえば、アナスイ。
アナスイの定番、フルーティーな香りと、フローラルの甘さの調和が取れた香り。
若々しく、甘酸っぱいトップノートから、ラストノートは、甘いやさしい香りになる。

■スイラブ/SUI LOVE
蝶のボトルと、ピンクとオレンジのグラデーションが印象的なアナラブは2002年に発表された人気の定番ライン。
フレッシュフローラルの香りのスイラブは名前の通り「愛」がテーマのフレグランス。
みずみずしく爽やかなフルーツのトップノートから、やさしいフローラルの香りのミドルへ、ラストノートは甘みの強いまさに「愛」の香り・・・。

■スイドリームス/SUI DREAMS
アナスイ得意の神秘的な香りが特徴のスイドリームス。
バッグをモチーフにしたボトルは、思わず持ち歩きたくさえなる。さわやかなのに深みがある、やさしいのにピリッとしたそんな香りは、まさにそんな女性を演出するのみぴったり!
女性の魅力を引き出すアナスイの魔法にかかってみよう。。

■ドーリーガール/DOLLY GIRL
ドーリーヘッドのボトルが印象的なドーリーガール。
透明感があり、甘くさわやか、ちょっぴりスパイシーな果実の香りのトップノートから、アナスイらしい魅惑的なフローラルの香りへ。
■シークレットウィッシュマジックロマンス/SECRETWISH MAGICROMANCE
ボトルの上に座った妖精が、女性のティンカーベルになりたい心をくすぐる、シークレットウィッシュ。
ピンクのマジックロマンスチュベローズ、ジャスミン、レモン、メロン、ローズウッド、ココナッツ、など、かなりかわいらしい小悪魔的な香りに仕上がっている。


さてさて、どうでしょう??私が好きなのは、スイラブ。
やっぱり、恐ろしく可愛いボトルデザインでまずやられて「愛」の香水なんていわれたら間違いなく手が伸びます。

どの香水もかわいんですけどね。
でもやっぱりアナスイの香水には結構特徴的な匂いがすると思う。「女」ってモノが楽しくなるような、間違いなく女の為の香水だなぁ。
posted by 3333 at 12:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アナスイの時計

私持っています。なので紹介。

アナスイはコスメ・アパレルだけでなく、アクセサリー小物、雑貨の人気も大変なもので、ネット上では入手困難危惧種とも言われました。
ただ、時計は結構売っています。

私は、数年前に友人より誕生日プレゼントにアナスイの時計をいただきました。
全体はシルバーで、アナスイのお得意な、かなり小さなお顔の一品。紫の文字盤に蝶のモチーフが角度によって浮き出るような柄になっていて、正直パッと時間はわからない。
ベルト部分は、太いチェーンのようになっていて、使いずらさも気にならないくらい、かなり気に入っています。
なんといってもアナスイの時計はかなり手ごろで、だいたい二万円台のラインで手に入ります。
自分で買うにも無理せずに、楽しめるし、プレゼントにも良い。

しかしながら、最近はお店で見ても、ぜんぜん可愛いと思えない。。正直ダサいと思う。
3・4年前に、アナスイのウォッチカタログを見たときのあの宝石箱を開けたような「全部可愛い!」という強烈なインパクトは無く、徐々にシンプルになってきた感じ。。。
トゲが無くなって、良さも半減してしまったような感じを覚えます。

シンプルな、使いやすい時計はいろんなブランドで作ってくれるから、アナスイはわが道を行ってくれ。。。
なんて、心の中で願うばかりです。

でも思います。
この私のもらった時計、大切に使って、自分の子供に上げても、きっと可愛いって言ってくれると思う。
アナスイのいいところは、その個性の強さゆえ、古さも新しさも持って、時間に負けないところだと思います。
posted by 3333 at 12:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。